年齢別歯科治療ガイド

気をつけたいお口のトラブルは年代により異なります

歯にはさまざまな役割があります。食べ物を咬み砕く咀嚼(そしゃく)や発音に関与し、表情も左右します。つまり食べたり話したり笑ったりするためにはお口の健康が欠かせないのです。しかし虫歯や歯周病などのお口のトラブルを発症させ、悪化させてしまうと大切な歯を失ってしまうかもしれません。歯の健康維持のためにはトラブル予防のための口腔ケアが大切なのです。

こちらでは福岡市博多区那珂5丁目の歯医者「もりさき歯科クリニック」が年代ごとに異なる気をつけたいお口のトラブルについてご紹介します。

年代別の治療や予防のポイント

妊娠中のお母さん(胎児期)

妊娠中のお母さん(胎児期)

生まれたばかりの赤ちゃんのお口にはまだ歯は生えていません。しかし、やがて歯になる芽、歯胚(しはい)は、妊婦さんのお腹の中にいるときにすでにでき始めます。お腹の赤ちゃんはお母さんから栄養をもらって成長しますので健やかな身体や歯の成長のため、栄養のバランスを考えた食生活に努めることが大切です。

また妊娠中は身体も精神も変化します。食生活やホルモンバランスの影響で口腔内環境が悪化しやすくなります。とくに注意が必要なのが歯周病です。妊婦さんは妊婦さん特有の歯周病「妊娠性歯周炎」にかかりやすく、重症化すると早産や低体重児出産のリスクを高めてしまうので、妊娠安定期にはとくに悪いところがなくても妊婦歯科健診で予防ケアを受けることをおすすめします。

新生児期(0~1歳)

新生児期(0~1歳)

虫歯は、虫歯菌に感染することでかかるものですが、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌はいません。しかし生活しているうちにやがてはまわりの大人から感染します。この感染をある程度遅らせることができれば将来的に虫歯のリスクを抑えられるといわれていますので、赤ちゃんが生まれる前からご家族全員で虫歯治療をしてお口の中の虫歯菌の数を減らしておくことをおすすめします。乳歯は生後半年くらいから生え始めます。そしてこの時期から虫歯のリスクを負うことになりますので、赤ちゃんの身体の健康とともにお口の健康にも留意しましょう。

乳幼児期(1~3歳)

乳幼児期(1~3歳)

乳歯は永久歯よりもやわらかく虫歯菌に対する抵抗力も弱いので虫歯になりやすい歯です。いったん虫歯にかかってしまうと、進行が早いのも特徴です。赤ちゃんのお口の健康は親御様の口腔ケアに対する意識により左右されます。おやつや食事を不規則にダラダラ食べさせたり、糖分の多い甘い物ばかり食べさせたり、バランスの悪い食生活だったり、口腔ケアを怠ると虫歯リスクが高まります。歯科医院での予防ケアを受け、お口の健康維持につなげてください。

幼少期(3~6歳)

幼少期(3~6歳)

口腔ケアの基本は毎日の歯みがきです。このころから歯みがき習慣をつけてあげましょう。ただ、まだお子様ひとりで、お口の中の汚れをしっかり落とすことは難しい時期です。虫歯になりやすい就寝時間の前に、親御様が仕上げみがきをしっかりしてあげてください。

またこの時期は骨格が成長している時期です。指しゃぶりや頬杖、舌のクセなどがあると歯列を乱してしまいがちです。気になるクセに気づいたらなるべく早く直してあげましょう。虫歯や歯並びの乱れなど気になる症状がありましたら、お早めにご相談ください。

少年期(6~15歳)

少年期(6~15歳)

永久歯は6歳ころから生え始めます。大切な永久歯を虫歯から守るために、口腔ケアに力を入れましょう。歯科医院でもさまざまな予防メニューを受けることができます。また乳歯が永久歯に生え替わる時期は、身体の成長期でもあり、お口の中も身体も大きく変化しますので、健やかな成長のために口腔ケアを受けることをおすすめします。

思春期(15~20歳)

思春期(15~20歳)

永久歯が生えそろった時期です。中には親しらずが生え始める子もいます。また毎日の歯みがきもできる時期ですので、歯科医院での定期検診で歯みがき指導を受けてお口の汚れをしっかり落とすようにしてください。歯並びが気になる場合には矯正治療をおすすめしますので、お気軽にご相談ください。

成人期(20~40歳)

成人期(20~40歳)

この時期からは虫歯だけでなく歯周病にも気をつけてください。どちらも細菌による感染症ですので、生活習慣によっては悪化しやすくなります。不規則な生活リズム、ストレス過多な環境、喫煙習慣、睡眠不足などはお口の健康に悪影響です。また結婚を控えている方や妊娠を予定されている方はその前にお口の検査を受け、親しらずの措置を含めた口腔ケアしておくことをおすすめします。

壮年期(40~60歳)

壮年期(40~60歳)

虫歯や歯周病だけでなく、歯の美しさも気になってくる時期です。年齢とともにいつの間にか黄ばんでしまった歯はホワイトニングで白くできるかもしれません。また少し欠けてしまった歯や金属を使って虫歯治療したあとなどはセラミック製の白く美しい人工歯に替えることもできます。いつまでもご自分の歯を維持できるよう、予防にも力を入れていただきたい時期です。

老年期(60歳以上)

老年期(60歳以上)

歯を失っていませんか? 入れ歯インプラント治療などを行って、食事を中心としたQOL(生活の質)を高く保つようなお手伝いをします。80歳の時点で20本の歯を残せるようにお口のトラブル予防のための定期検診をご活用ください。

年代別の検診内容

0~5歳 6~15歳 15~40歳 40~80歳
  • 顎の発育チェック
  • 虫歯チェック
  • フッ素塗布
  • シーラント
  • 食生活の指導
  • 歯みがき指導
  • 顎の発育チェック
  • 虫歯チェック
  • フッ素塗布
  • シーラント
  • 食生活の指導
  • 歯みがき指導
  • 口臭チェック
  • 細菌チェック
  • 虫歯チェック
  • 口臭チェック
  • 歯周病チェック
  • たばこのヤニ取り
  • 変色チェック
  • 細菌検査
  • 舌がん検査
  • フッ素塗布
  • 食生活の指導
  • 歯みがき指導
  • 虫歯チェック
  • 細菌検査
  • 口臭チェック
  • 舌がん検査
  • 歯周病チェック
  • 入れ歯咬み合わせチェック
  • たばこのヤニ取り
  • 入れ歯清掃
  • 変色チェック
  • 歯ぐきチェック

※表は左右にスクロールして確認することができます。