歯周病が気になる方

歯周病は歯を失うことにつながるこわい病気です

「歯ぐきが腫れている」「歯みがきのときに歯ぐきから出血する」「歯がグラつく」「口臭がきつくなってきた」――それは歯周病のサインかもしれません。知らぬ間にどんどん進行してしまう歯周病を放っておくと歯を失うことにもつながります。日本の成人が歯を失う原因の第1位は歯周病なのです。大切な歯を守るために歯周病についての知識を深め、治療や予防につなげてください。気になる症状がありましたらお早めに福岡市博多区那珂5丁目の歯医者「もりさき歯科クリニック」にご相談ください。

歯周病とは

歯周病とは

歯ぐきの炎症の総称で、歯肉炎と歯周炎に分けられます。歯と歯ぐきの溝にたまったプラーク(歯垢)や歯石に潜む歯周病の原因菌の作用により、まず歯ぐきに炎症を起こします。それが歯肉炎です。そのまま治療をせずに放置すると歯を支える組織が破壊されていきます。それが歯周炎です。治療せず放っておくと、やがては支えを失った歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病チェックシート

歯周病は広く蔓延している病気で、日本の成人の約8割が歯周病予備軍かすでに発症しているといわれています。あなたは大丈夫ですか? チェックシートでチェックしてみてください。

歯周病チェックシート
位相差顕微鏡による歯周病細菌検査
口腔内に潜む数百種類の細菌を位相差顕微鏡を使用して細菌の種類や量を検査します。歯周病の原因となるこれらを極力数減らすことで歯周病を抑えたり、再発を少なくすることにつながります。
チェックがない方
歯肉の健康が保たれています。そのまま健康を維持できるように毎日のセルフケアを行い、定期検診で歯のクリーニングを受けましょう。

歯周病の進行

進行段階 症状とおもな治療法

歯肉炎

歯肉炎

歯肉が腫れ赤くなった状態です。歯みがきの際に出血することがあります。歯と歯ぐきの溝は2~3mm程度です。

この段階は歯みがきやスケーリング(歯石除去)によって汚れを落とせば健全な歯肉に戻すことが可能です。

歯周病初期

歯周病初期

歯肉だけでなく歯を支える組織にまで炎症が進んだ状態です。症状は歯肉炎と変わりません。歯と歯ぐきの溝(歯周ポケット)の深さは3~4mm程度です。

歯周病中期

歯周病中期

歯を支える歯周組織の破壊がさらに進んだ状態です。深くなった歯周ポケットに歯石がたまり歯周病はさらに悪化していきます。歯周ポケットの深さは約4~5mmです。このころ、人によっては歯周病の進行を自覚します。

歯周病重度

歯周病重度

歯肉の炎症がさらに進み、赤くブヨブヨします。歯みがきの際には出血だけでなく膿が出ることもあり、口臭がきつくなります。歯周ポケットの深さは5mm以上になります。

歯周病末期

歯周病末期

歯肉は赤紫に腫れ、少し触れただけで血や膿が出ます。歯ぐきが下がり歯が長くなったように見え、歯がグラつきだします。そのまま放置すると歯が抜け落ちることもあります。

※表は左右にスクロールして確認することができます。