マタニティ歯科

妊娠したら、マタニティ歯科を受診しましょう

マタニティ歯科とは、単に妊婦さんの虫歯治療が目的ではありません。妊娠中は歯周病や虫歯になりやすく、悪化しやすい傾向があります。しかも、歯周病になってしまうと、お腹の赤ちゃんにも悪影響を及ぼしてしまう可能性がでてきます。お母さんの健康を守るためにも、産まれてくる赤ちゃんのためにも、マイナス1歳から始めるマタニティ歯科を受診していただくことが大切です。妊娠中に気になる症状が現れたら、ぜひ当院にご相談ください。

マタニティ歯科で、お母さんと赤ちゃんを守りましょう

妊娠中は、お口の中のトラブルが起こりやすくなります

妊娠中は、お口の中のトラブルが起こりやすくなります

妊娠初期はつわりが原因で歯磨きの回数が減ったり、きちんとブラッシングできていなかったりするため、虫歯や歯周病になりやすくなります。また、女性ホルモンの分泌が増えると特定の歯周病菌が増殖するため、今まで問題がなかった口腔内でも歯周病になりやすい環境へと変化しがちです。しかも、お母さんのお口の虫歯菌や歯周病菌は、産まれたばかりの赤ちゃんにも感染してしまう可能性があります。お子様のお口の健康を守るためにも、しっかりと予防や治療を行っておきましょう。

歯周病は、低体重児出産や早産などの原因になります

口腔内に歯周病菌が増えると、「サイトカイン」という物質が血中に増えます。このサイトカインには子宮を収縮させる効果があり陣痛を促進するため、早産や低体重児出産のリスクが高くなることがわかっています。早産や低体重児出産は、母子ともに危険な状態になりかねません。そのため、当院では妊娠中にマタニティ歯科の受診をおすすめしています。

妊娠中でも歯科治療ができます

妊娠中でも歯科治療ができます

妊娠中はお口の中に違和感があっても、レントゲンや麻酔などに不安を感じて受診をためらってしまう方も多いのではないでしょうか。しかし、時期や体位、麻酔などの薬をきちんと配慮すれば、妊娠中の治療も問題ありません。当院では妊婦さんの不安な気持ちに寄り添い、一緒にお悩みを解決しておりますのでお気軽にご相談ください。

妊娠初期(1~4ヶ月)
体調が不安定な時期です。つわりも激しく、切迫流産の危険性もあるので、緊急性が高い場合を除いて、治療は控えたほうが良いでしょう。
妊娠中期(5~8ヶ月)
安定期に入るとつわりが終わり、体調が落ち着いてきます。特に目立った問題がなければ、このタイミングで治療を行うことが最善です。また、この時期は特に自覚症状がなくても、「妊婦歯科検診」を受けておきましょう。福岡市在住の妊婦さんは、無料で検診を受けることができます。
妊娠後期(9ヶ月以降)
いつ陣痛が始まってもおかしくないため、できるだけ妊娠後期に入る前に治療は終わらせておくと良いでしょう。出産後の体力低下に備えて、予防処置や応急処置を行うことをおすすめします。

保育士がいるから、出産後も継続して治療ができます

保育士がいるから、出産後も継続して治療ができます

「子連れだと、歯科医院は行きにくい」「赤ちゃん連れだと、歯の治療を受けることが難しい」というお母さんたちの声を耳にします。 当院では、小さなお子様がいる親御様にも気軽に治療を受けていただくことができるようにキッズルームをご用意しております。また、保育士の資格をもったスタッフが、治療中にお子さんをお預かりさせていただいておりますので安心してお越しください。
小さな頃から親御様が定期的に歯医者へ通い、前向きに治療をしている姿を見せることは、お子様にとってもメリットがあります。将来的にお子様ご自身が予防や治療を行っていく時に、通い慣れていると怖がることなくスムーズに移行できることが多いです。親御様ご自身のためにも、お子様のためにも、ぜひ一緒にご来院ください。